HTMLのタイトルタグとSEO対策について

SEO対策では、HTMLの中に記述されている文章に、キーワードを含めたり、見出しなどにキーワードを含める事で検索結果の上位向上に役立つと言われています。
しかし、キーワードを無理して埋め込む事で文章の質が悪くなっては意味が有りません。



個人ホームページなどでもSEO対策を行なって、一人でも多くの人を自らの個人ホームページに誘導させたいと考える人も多くいます。
しかし、そこにある文章がキーワードを無理矢理含めた事で、意味が通じ難い文章にならないようにする事がポイントとなるのです。



因みに、個人ホームページの中にはタイトルが無いホームページも有ります。

これはSEO対策における基本でもあり、タイトルが無いホームページは検索エンジンからの評価は低くなりますので必ずタイトルは入れるようにしなければなりません。

また、タイトルにキーワードを含めると効果が高いと言われています。

尚、ここで言うタイトルと言うのは、HTML文書の中にあるTITLEタグで囲まれている部分のタイトルであり、ここに記載されているタイトルは、ウェブページを表示した時に、ブラウザの左上部分に表示されるタイトルです。

日本経済新聞情報が満載です。

このタイトルを入れずにウェブページを作り上げると、ブラウザで開いた際には、利用しているブラウザのアプリケーションの名前がそのまま表示される事になります。

尚、検索エンジンは、HTMLを上から順番に読み込み評価をしていきますので、TITLEタグが空の状態ですと、その時点で不合格になると言うことでもあるのです。